Parfum(パルファン)

Parfum(パルファン)使い捨て電子タバコ(vape)でリラックスタイムを楽しもう!

現代では健康志向も強まっており、紙巻きタバコから電子タバコ(vape)に切り替えをする方も急増してきています。

電子タバコ(vape)の需要が高まるなか、今では様々な種類の電子タバコ(vape)が販売されています。その中でも今回は、使い捨て式電子タバコParfum(パルファン)について詳しく解説していきたいと思います。

Parfum(パルファン)のメリット

Parfum(パルファン)には様々なメリットがあります。

 

電子タバコ(vape)特有のメンテナンスは不要

Parfum(パルファン)は吸い終わり煙が出なくなったら、ゴミ箱に捨てるだけの使い捨て式電子タバコ(vape)となっています。

そのため、衛生面でも心配なく、メンテナンスが面倒な方にもかなりメリットがあります。
 

様々な味のフレーバーが楽しめて飽きがこない

Parfum(パルファン)には5種類のフレーバーがありますが、それぞれ味の種類が違うので、気分に合わせてフレーバーを変えて楽しむことが出来ます。
 

ニコチン、タールがゼロ

ニコチン、タールが含まれていないので、紙巻タバコ特有の匂いや、ヤニの汚れなどの心配もありません。
 

コストパフォーマンスがいい

Parfum(パルファン)は1本で400回前後繰り返し使用が可能となっています。そのため、1箱でなんとおよそタバコ6箱分のコストパフォーマンスが得られます。
https://par-fum.jp/

長期間での使用を考えている方には大きなメリットになります。

 

Parfum(パルファン)のフレーバーは5種類

Parfum(パルファン)のフレーバーは、全部で5種類あります。

  • スペアミントメンソール
  • ブルーベリーメンソール
  • エナジードリンク
  • パッションフルーツ
  • コーヒー

王道のメンソールからフルーツ系など、様々なフレーバーが販売されています。

一つのフレーバーで飽きたら他のフレーバーに変えてみたりすることも出来るので、長期間の使用でも飽きずに楽しむことが出来ます。

これだけ違う種類のフレーバーが揃っていれば、気分に合わせてフレーバーを変えてリラックスタイムを楽しむことが出来ますね。

 

Parfum(パルファン)とIQOS(アイコス)の違いは?

電子タバコ(vape)にも様々な種類がありますが、Parfum(パルファン)とアイコスの違いはなんなのでしょうか。

電子タバコ(vape)は主に2種類あります。アイコスのように電気を使ってタバコを熱し、ニコチンを吸う「加熱式タバコ」と、Parfum(パルファン)のように電気で発生した水蒸気を吸う「電子タバコ(vape)」です。

アイコスにはタバコ葉を使用しているためニコチンが含まれています。比べてParfum(パルファン)にはニコチン、タールが含まれておらず、香りがついた水蒸気を嗜好するため、健康面を意識し始めた方でも使用しやすくなっています。

 

Parfum(パルファン)の使い方

電子タバコ(vape)にも種類がある分、それぞれ使い方も異なってきます。

Parfum(パルファン)の使い方は至ってシンプルです。

  1. 箱から取り出します。
  2. キャップを外して吸います。
  3. 煙が出なくなります。※カートリッジ1本でおよそ400回前後繰り返し吸うことが可能です。
  4. なくなったらゴミ箱に捨てます。

1本を繰り返し使用することも可能で、且つ吸い終わったらゴミ箱に捨てるだけなので、電子タバコ(vape)によくみられる面倒なメンテナンスも不要です。

お手入れが面倒だと感じる方、衛生面が気になって使用を躊躇っていた方も、これなら気軽に使用することができます。また、タバコに似た形状で持ち運びにも大変便利なので、外出先でも活躍してくれること間違いなしです!

  

Parfum(パルファン)の価格

Parfum(パルファン)は現在、公式HPで購入することが出来ますが、通常は1本4180円(税込)となっています。
しかし今は初回限定キャンペーンを実施しており、なんと76%オフの980円(税込)で購入することが可能となっています!また、送料もかからないため、電子タバコに切り替えを考えている方でも気軽にお試しできます。

その他にも、2回目以降は1500円オフで購入出来たり、定期購入が出来たりと大変お買い得となっています。クレジットカードでのお申込みでしたら、ギフト券がプレゼントされたりするお得なキャンペーンも開催されています。

定期購入では毎月自動でお届けしてくれるシステムもあるため、継続もしやすいかと思います。この機会にぜひParfum(パルファン)を使用してみるのもいいかもしれません。
Parfum公式ページはこちら